岡崎ホームニュース

HOME 村山槐多没後100年 岡崎で展覧会

村山槐多没後100年 岡崎で展覧会

2019年6月7日

大作「日曜の遊び」も展示されています

美術や文学の分野で大正時代に活躍し、早世の天才といわれる画家・詩人、村山槐多(1896―1919年)の没後百年を記念した展覧会が、岡町のおかざき世界子ども美術博物館で開かれています。7月15日まで。

 

京都府内の同級生の家などから新たに見つかった128点を初公開。「尿(いばり)する裸僧」をはじめ、全国の美術館が収蔵する代表作も網羅し、大正の世を駆け抜けた天才の全貌に迫ります。

 

開館時間は午前9時―午後5時(入場は閉館30分前まで)。観覧料は大人800円、小中学生100円。

 

 


この地域のお得な情報