岡崎ホームニュース

HOME ふくふくタイムでお年寄りと交流 福岡小1年生

ふくふくタイムでお年寄りと交流 福岡小1年生

2019年5月25日

こま回しを教わる児童

福岡小学校で4月26日、新1年生と地域のお年寄りらが触れ合う「1年ふくふくタイム」が開かれました。

 

1年生118人が、学区福祉委員や老人クラブ福寿会の会員ら約50人から手ほどきを受け、折り紙や指編み、グラウンド・ゴルフなどさまざまな遊びを体験。こま回しでは、慣れない手つきで挑戦する子どもたちにお年寄りが “大先輩ぶり“を発揮し、ひもの巻き方や投げ方など熱心にアドバイスを送りました。

 

ふくふくタイムは同小独自の活動で、授業が終わる時間の異なる1、2年生が一緒に下校できるよう、1年生の待ち時間を活用した取り組み。2005年から続いていて、今年度は18回にわたって行われます。


この地域のお得な情報