豊田・みよし

HOME 吹奏楽で「第九」を歌う 100人が息合わせて 9月1日にみよし市

吹奏楽で「第九」を歌う 100人が息合わせて 9月1日にみよし市

2019年8月23日

 吹奏楽の演奏でベートーベン第九交響曲の「歓喜の歌」をうたうユニークなコンサートが、9月1日にみよし市文化センターサンアートで開かれます。午後2時開演。
同市で音楽や演劇、絵本のお話会などを手がける三井アーツが、創設15周年を記念して企画。市民らに合唱参加を呼び掛けたところ、小学4年生から80代まで約100人が集まりました。6月から毎週、声楽家の重左竜二さんの指南で練習を重ねており、客席に感動を呼び起こすとともに自身の思い出づくりにと張り切っています。
本番は、長谷川靖さんが指揮し、みよし市吹奏楽団シンフォニックウインズみよしが演奏します。独唱はソプラノ竹内穂乃香さん、アルト加藤愛さん、テノール星出輝隆、バリトン重左竜二さん。モーツアルトのフルート協奏曲や様々な楽器の演奏ステージもあります。
入場料1000円。みよし市など後援。


この地域のお得な情報