知立

HOME 知立市中央公民館にカフェオープン アグリ知立と市がコラボ

知立市中央公民館にカフェオープン アグリ知立と市がコラボ

2019年4月12日

オープン初日の店内

知立産の米や野菜を使ったカフェ「米cafe  Repos(ルポ)」が3月19日、市中央公民館内にオープンしました。運営する農事組合法人「アグリ知立」(八橋町)の高村昭広代表理事は「職業の選択肢にしてもらえるような農業を発信する場にもしたい」と将来を見据えます。

市の50%以上の農地を耕作し、米、麦、大豆を栽培する同法人の事業に、農業を使ったまちづくりに取り組む市の「まちなか農知プロジェクト」が協力。プロジェクト代表で教育部の野村裕之部長は「知立の農産物を広めるとともに、今後も市民と農業をつなげられるよう努めていきたい」と話します。

同法人が畑作を指導する体験農村「かきつ畑」で収穫した野菜も販売。地元で畑作をする人たちの販路にもつなげる予定です。

店内には、ゆったりとくつろげるソファや、小さな子供連れも利用できる畳のスペースも。知立で収穫できるコシヒカリ、あいちのかおり、ミルキークイーンを日替わりで提供しています。

カフェを訪れた下村早織さんと稲嶋和美さんは「公民館の中にあるとは思えないほど、すてきなカフェ。米粉パンもモチモチして美味しい」と食事を楽しんでいました。

寺本雅店長は「知立で採れるお米を知ってもらう機会になります。多くの人に来てもらいたい」。モーニング、ランチ、アフターヌーンタイムにそれぞれのメニューを用意。営業時間は午前9時~午後5時。定休日は日月曜、同館休館日。


この地域のお得な情報