豊田・みよし

HOME 開通前に車道を歩く  「平戸大橋ウオーク」にぎわう

開通前に車道を歩く  「平戸大橋ウオーク」にぎわう

2019年6月28日

 整備が進む国道153号豊田北バイパス平戸大橋区間で6月1日、開通記念プレイベント「平戸大橋ウオーク」(豊田市主催、国土交通省中部地方整備局名四国道事務所共催)が開かれ、地元住民ら1500人余でにぎわいました。
供用開始前に、延長800㍍の車道を自由に行き来したり、トヨタ自動車の車両を見たり。豊田市ジュニアマーチングバンドと地元の和太鼓クラブ・天太鼓舞の演奏で幕開け。三世代3組が渡り初めし。このあと開放されました。
四代目の平戸大橋は、西方に猿投の市街地や豊スタなどが一望できます。冒頭の副市長らのあいさつで「車道を歩けるのは最初で最後」と聞き、青空の下、参加者たちは記念撮影をしたりしながらゆっくり歩きました。


この地域のお得な情報